亀頭を鍛える

亀頭を自力で強化することは可能ですか?

「男を鍛え上げる」というのと「ペニスを鍛え上げる」のとは違います。男を鍛えるは心身の鍛錬のことでしようが、ペニスには鍛えるべき怒りも筋肉もありません。

ペニスにあるのは陰茎海綿ボディーというスポンジ状のネットワークというそこに張り巡らされていらっしゃるたくさんの毛細血管、そうしておもに亀頭に集中している性感を考える怒りの受容五臓六腑です。うら若い女房のために念のために言っておくと、おちんちんには骨もありません。

海綿ボディーも血管も怒りも、冷水や熱意水をかけたり叩いたりして強めるにはまったく不向きな五臓六腑です。それどころか、そういう行為を加えると快復無理なダメージを受けるリスクが高い繊細な五臓六腑です。

まな板の上にペニスを置いてすり鉢の棒でたたく、は劇画の世界の夢物語です。第はじめそんなことをしたら、まな板もすり棒も後ディナーに使えなくなってしまいます。

亀意識を強めるというは、セックスの原動力で直ぐ射精してしまうセンシティブさを無くすという意味

でしょうが、早漏は亀意識の敏感さが端緒だという通説も、いちど見直して見る必要があります。

性感をなるたけキャッチしない亀頭にしよう、というのも考えてみれば変な修行です。鍛えるとしたら、できるだけ大きな性感を長く受け続けてから射精するような自律怒りにしよう、のではないでしょうか。

自律怒りを鍛え上げるというのもある意味で食い違いですが、プレーヤーは少しぐらい走っても心音はそんなに少なくなりません。心臓の動きはもちろん自律怒りの効果なので、射精に対する自律怒りも間接系に統率すことは可能と考えてもいいでしょう。

早漏を治療するお薬

早漏改変薬(ダポキセチン内包)
ED手当て(凄い勃起で遅漏特徴が)
評論

早漏ケアには『ダポキセチン根源』が配合された早漏改変薬が主流です。ダポキセチンが30mgもしくは60mg配合されています。
ダポキセチンは医薬品で、市販の早漏改変クリームや噴流とは異なる、成果が論証された早漏手当ての根源です。
ED手当てで非常に強い勃起になるため、何だか射精できない、という遅漏傾向を申し上げる男性が多いようです。

PAGE TOP